IT会社社名の由来


著名なIT会社HP、Microsoft、Intel、などの社名の由来はご存知でしょうか。

1. Motorola(モトローラ
会社がカーラジオの生産をはじめたごろ、創始者Paul Galvinは社名をMotorolaに変更しました。最初の社名はVictrolaでした。

2. Microsoft(マイクロソフト
コンピューターソフトウェアの研究と開発に注力していくことを表すため、ビル・ゲイツは社名をMicrosoftと命名しました。当初はMicro-Softでしたが、後に真ん中の“-”を省きました。

3. Lotus(ロータス
Lotusは「蓮華座」(座禅の座り方)から社名を取りました。創始者ミッチ・ケイパはインドの宗教家マハリシ・マヘッシ・ヨギの弟子で、東洋思想の影響を受け、トランセンデンタル・メディテーション(Transcendental Meditation超越瞑想)の先生もしていました。

4. Intel(インテル)
元々Bob NoyceとGordon Mooreは会社を“MooreNoyce″にしたかったそうですが、あるチェーンホテルですでに登記済みであったため、社名を集積電子「INTegratedELec-tronics」の略語「Intel」に変更しました。

5. Hewlett-Packard(HP)
創始者Bill HewlettとDave Packardはコインを投げて社名を決めました。Hewlettが勝ったようです。

6. Hotmail(ホットメール)
当初発案したのは創始者Jack Smithです。どのパソコンでもWebブラウザを通して電子メールの送受信を実現できるようなサービスを目指してました。Sabeer Bhatiaは企画の段階で、様々な”mail”を含む名前を試し、最終的に”Hotmail”にしました。「Hotmail」の中に「html」(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)の文字を含んでいるからです。(1998年Hotmailはマイクロソフトに4億ドルで買収されました。)

7. Cisco
“Cisco”の社名は何かの頭文字というわけではなく、サンフランシスコ(SanFrancisco)最後の5文字です。

8. Adobe
創始者John Warnockの家の裏側にAdobeCreekという川があったからだそうです。