中国語サイトのユーザーエクスペリエンスデザイン


ユーザーエクスペリエンスデザイン(User Experience Design)は中国のweb制作業界では、まだまだこれからの概念になります。しかし、その中でアリババ傘下の各サービスサイトでは、オフィシャルのUEDブログサイトを開設しています。なぜならアリババのCEO馬雲さんは「技術」がわからない方だからです。

有名な話ですが、アリババのエンジニアたちが開発した新しいサービスを馬雲さんにチェックしてもらうときに、もし「技術」のわからない馬雲さんに使い方がわからない場合、サービス全体を一から作り直します。ユーザー全体のITリテラシーの高くない中国でwebサービスを広めていくには、ユーザー主導の考えは欠かせません。

「技術」はユーザーに覚えてもらうものではなく、ユーザーの利便性を図るものです。