中国百度CPC広告の選択肢と使い分けについて


中国百度のCPC広告ですが、これまでの百度リスティング広告百度コンテンツマッチ広告だけでなく、百度リターゲティング広告が加わりました。三者の区別・使い分けを説明させていただきます。

百度CPC広告の種類と運用

上図でわかりますように、基本はリスティング広告です。スタート時はベーシックなリスティングを選んだほうが無難です。より高度な運用が求められた場合、以下のことをご検討ください。

クライアントのほうから、より露出アップ・クリック単価下げるというリクエストがあれば、コンテンツマッチ広告も視野に入れて提案する。コンテンツマッチ広告の出稿対象は百度のコンテンツネットワークサイト(約35万)になります。中国のポータルサイト、BBS、ニュースサイト、動画サイトなどをカバーできます。

コンバージョンアップ・結果重視のリクエストがあれば、百度リターゲティング広告も合わせて考慮する。ユーザーの検索履歴をベースに配信した広告は、効果は通常のリスティングより良くなります。ただし質が上がった分クリック単価もアップします。