Hilltopアルゴリズム


Hilltopアルゴリズムとは、Googleに2003年に導入されたサーチエンジン順位に影響するアルゴリズムです。

PageRank程有名ではありませんが、Hilltopは以下の場面で、Pagerankにとって有益な補足となります。

1.Pagerankの数値が近い、かつ同じテーマについて書かれているサイトの順位を決める時。
2.大量の外部リンクによるスパム行為の対策。

Pagerankは外部リンクの多いサイトを高く評価する傾向があるゆえに、大量の文脈に沿わない外部リンクを増やして順位を挙げさせるSEOの手法が乱用されてきました。2001年、GoogleのエンジニアBharat氏はHilltopを考案し、同アルゴリズムの特許も取得しました。

Hilltopアルゴリズムの本質は同様なサイトからの外部リンクを高く評価するものです。例えばコンテンツが機械を中心とするサイトがあれば、同じ機械をテーマにしているサイトからの外部リンクは通常の外部リンクより高く評価されます。逆に大量のまったく機械とかかわりのない外部リンクはスパム行為と見なされる恐れがあります。

よって、Google中国のSEO対策もいかに良質の外部リンクを導入できるかということにかかります。Pagerankの高いサイトからの外部リンクや同類サイトからの外部リンクなどが有効だと思われます。