百度CFO李昕晢:メディアのインタビューを受ける


5月7日午後、百度初の女性高官CFO李昕晢女史がメディアのインタビューを受けました。3月31日に百度に転職した李女史は、百度でのCFO就任以前にゼネラル・モーターズ・アクセプタンス(GMAC)の北米担当チーフ アカウントを務めた経験があり、またGM社のCFOを務めた 経歴もあります。

百度に転職した理由は?
百度のブランド力、ネット業界の今後の発展、優秀な管理層、中国経済の伸びなどの原因を挙げました。特に、百度の創業者CEO李彦宏に好印象です。技術力のあるリーダーで、ビジネスセンスも群を抜いています。

男性主導のビジネス場や百度にどう馴染むのか?
百度に転職後、極めて少ない百度の女性高官になったとはいえ、百度では性別は重視されず、仕事力が一番重視されると李女史が考えています。女史は、仕事に対する真面目な態度や他人の意見を聞き入れる度胸が重要だと述べました。

そのほか、李昕晢女史は、百度における自らの最重要ミッションは、検索エンジン以外のサービスの収益を上げることだと言及しました。

百度初の女性高官CFO李昕晢女史