出稿タイミングで見るキーワード広告


震災後の保険意識
四川震災後、「保険」「生命保険」「保険会社」「保険購入」等保険関連のキーワード検索量が急増しています。

震災後の生々しい被災地の報道は中国人の保険意識を喚起しました。「保険」「生命保険」「保険会社」「保険購入」など上記に挙げたキーワード以外も、企業財産保険、家庭財産保険なども注目されるようになりました。突然の災害によって、各保険は地震被害を弁償するかどうかが、判断の決め手になります。本来オフシーズンの保険会社も緊急キーワード広告の予算を増やして、受注拡大を図っています。

今回の例でもわかると思いますが、キーワード広告を出すタイミングはじっくり考える必要があります。時間については、他の例を挙げてみましょう。会社員の個人消費をターゲットにしている商品があるとすると、ベストの出稿時間は午前12時~2時、午後7時以後ということになります。中国では会社員は「朝九晩五」族とも呼ばれています、つまり朝九時出勤、午後五時退社の定時出勤者という意味です。インターネットをチェックする時間はお昼の2時間と午後の退社後になります。