中国向けのネットショップを作る:ユーザーを知る


サイトのアクセス数が少ない
サイトのコンバージョン率が低い

これらはネットショップ運営者に共通する悩みですが、下記のリサーチ結果が、その悩みを解決するヒントになるかもしれません。「中国のネットショッピングユーザーは商品を買う前になぜ検索するのか」の調査結果です。

中国ネットショッピングユーザーはなぜ検索するのか?
出典 IResearch

  • 商品の値段が高く、比較する必要がある(68.3%)
  • ブランドの数が多く、比較する必要がある(66.2%)
  • 商品機能が複雑で、リサーチする必要がある(50.3%)
  • 同ブランドの商品情報を収集するため(46.0%)
  • サイト上の商品説明を確かめるため(44.2%)
  • 商品利用者のコメントを知りたい(43.8%)
  • 一番買いやすい店を探すため(28.5%)
  • その他(0.2%)

冒頭の問題を解決したければ

アクセス数を増やすための対策
これほど検索エンジンが盛んに利用されている現状に鑑みれば、検索エンジン連動型の広告(百度Google)、特定の商品に特化したポータルサイトの検索連動型広告などの予算を増やすことが近道です。検索エンジン対策(SEO)も有効だと思われます。

コンバージョン率を高めるための対策
上記統計に共通するキーワードは、「比較」「情報収集」です。リテラシーの高くなったユーザーを、サイト運営側がごまかすことはもう不可能でしょう。彼らが探したい情報、利用したい機能をサイト運営側が提供できなければ、コンバージョン率があがらないのは当然です。逆に、中国の実情も考慮し、以下のようなコンテンツを追加・改善できれば、効果はあるかもしれません。

  • サイト内同一商品の値段比較
  • 同商品の時間軸における価格推移
  • 同類商品のブランド別比較
  • より詳しい商品の説明(画像が多ければ多いほどよい)
  • 商品紹介ページに同ブランドの関連商品リンク集
  • 商品紹介ページにユーザー同士がコミュニケーションできる掲示板
  • ユーザー所在地までの送料表示
  • 複数決済方法の一覧表示
  • サイト内検索における商品・ブランド・値段・地域に関わる属性を強化