中国ネットショッピングユーザーの情報入手ルート統計


約6割の中国ネットショッピングユーザーは商品を買う前にサーチエンジンを使って関連情報を入手する習慣があります。
(ショッピングサイト内の検索含む)

実店舗で商品を見比べるのと同じように、ネットユーザーはサーチエンジンを活用して、ブランドや商品に関わる知識・情報を収集しています。その過程で得た情報は、最終購買決定における判断材料にもなります。統計データを見ると、「検索エンジン」は彼らの意思決定に最も強い影響力を持つ媒体と言いえます。その他ポータルサイトの商品比較コーナー(12.6%)、友人同士・SNS口コミ(10.4%)などが続いています。

ROIを考慮するならば、サーチエンジン連動型キーワード広告がお勧めです。

中国ネットショッピングユーザー情報入手ルート統計
出典:iresearch