中国クライアント側アプリの争奪戦


「目には目を、歯には歯を(ハンムラビ法典)」が、中国クライアント側アプリ争奪戦の現状です。

テンセントQQとウィルスソフト360の戦いが幕を閉じて間もなく、QQとライブメッセンジャー(MSN)の戦いが再燃しました。

11月3日夜、中国最大のポータルサイト・騰訊(テンセント)は「QQユーザーへの手紙」を発表しました。それは、奇虎360ソフトをインストールしたコンピューターのテンセントQQの利用を停止するという内容のものでした。これにより、中国ユーザーはIMソフトQQ(ユーザー数6億人)とウィルスソフト360(ユーザー数3億人)のどちらかひとつを選ぶことを強いられました。

その隙を見て、ずっとQQにシェアを奪われていたライブメッセンジャー(マイクロソフト)がついに動き出しました。QQの友人リストを導入できる機能を開発し、QQから転向する人を獲得しようと仕掛けたのです。その策は見事に的中し、数万だった登録者数は一気に百万超に跳ね上がりました。
QQ友人リスト導入機能

当然、QQも黙ってはいません。すぐにメッセンジャーの当該機能をブロックし、11月19日にSNS(QQ空間)の最新情報をメッセンジャーに同期する機能を開発しました。
メッセンジャーに同期する機能

易観国際のリサーチによると、2010年Q3の中国IM市場はQQが76.37%で独走状態です。ライブメッセンジャーはわずか4.34%で第四位です。

ここ数年、テンセントQQは莫大なユーザー数を武器に、すべてを成功へと導いてきました。上記のような過激な競争を自ら仕掛けますし、やられたらやり返します。QQだけではなく、360、マイクロソフト中国などもそうです。毎日血の匂いがする中国市場では、普段の日本企業の作法はどうしてものんきに見えてしまいます。