マイクロソフト中国:海賊版認証システムをリリース


10月22日からマイクロソフト中国は新しいwindowsの海賊版認証システム「WGA」とオフィスソフトの海賊版認証システム「OGA」それぞれ導入しました。

海賊版を利用していると認定されたPCは一時間ごとに、モニターが真っ黒になる仕組みです。

中国国内サイトChinaByteが実行したネットユーザー10万人を対象にしたリサーチの結果、約83.6%のユーザーがマイクロソフトの今回の処置に反対を示しました。

裏を返せば、中国国内ではそのぐらいのユーザーが海賊版のマイクロソフトの製品を利用していることでしょうか。

マイクソフト中国:海賊版認証システムをリリース