2010年Q1中国語検索エンジンシェア


易観国際が発表した2010年Q1中国語検索エンジンシェアによると、百度Google谷歌は依然市場のメインのプレイヤーです。

百度のシェアが前期の58.4%から64%に伸びました。 鳳巣システムへの移行とGoogle中国の撤退が百度がシェアを伸ばしている理由です。

Googleは3月23日香港に撤退してから、シェアがある程度下がりましたが、いまは比較的安定した状態に回復しました。広告の収入から見れば、中国国内のトラフィックとクライアント数は大きな変動がありません。シェアは前期の35.6%から31%に下げました。

2010年Q1中国語検索エンジンシェア

出典:易観国際