近頃のwechatビジネス(2014)


wechatは中国NO1のソーシャルメディアとして知られていますが、時がたつにつれて、6億ユーザーが抱えるwechatは徐々にオンライン&オフラインビジネスに利用されていて、筆者までもついつい、wechat上に流れている商品を当たり前のように買うことになりました。

上記通り、wechatはまずはソーシャルメディアであって、次にプロモーション、商品販売、会員管理などのビジネス応用も考えられようになりました。近頃のwechatの様子を日本にも紹介したく、まずはおさらい程度に。

wechatは使われていますか、それとも衰退?

ユーザーが増えて、好調です。
テンセント2014年Q2の公表によると、wechatのアクティブユーザーは4.38億人に達しました。

wechat企業ユーザーと一般ユーザーの区別は?

企業ユーザーはオフィシャルアカウントを開設することが可能です、またオフィシャルアカウントは2種類があります。
1.情報発信・プロモーションよりの媒体型
2.サービス提供・CRMよりのサービス型

wechatが向いている業界は?

事例から見ると、不動産、飲食業、教育、自動車、旅行、医療、ホテル、ウェディング、インテリア、美容など
wechat業界

wechatでの店作りは?

現在オフィシャルショップはありません、しかし第三者提供のもので、簡単に本格的な店を作れます。
店のデザインから、商品管理、会員管理、注文管理、プロモーション管理などいたるまで、揃えています。

wechatで店を作る

wechat使ったプロモーションはどんなものか?

一般的な情報発信の紹介は飛ばします、以下比較的に新しい手法をご紹介します。

■スマートWifi
店側はフリーwifiを提供するかわりに、wifi利用するユーザーは店の会員に加入、また広告を受けることになります。つまりwifi利用する際に、広告をプッシュすることです。
wechatスマートwifi

LBS広告
wechatにも「近くの人」周辺ユーザー検索機能があります。LBS広告はそれを利用し、広告プラットフォームを通して、周辺ユーザーに情報をプッシュするものです。
wechat LBS広告

wechatでの決済・お支払い

WeChat(微信)5.0から決済機能を導入しました。ユーザーはほぼパスワードを入力するだけで、お支払い可能です。wechatで完了するもの以外、第三者のプラットフォームを借りって、そのほかのお支払いもサポート可能です。
wechatのお支払い

これからのO2Oについて、wechat用「POS端末」すでに開発されていて、現在テンセントの一部関係会社にて導入テスト中です。
wechat POS端末