百度:新旧リスティングシステムの相違


百度は旧リスティングシステムの停止を予告していますが(2009年12月1日まで)、ご参考までに、新しいシステムと旧システムの相違をまとめました。

項目 旧システム(競値排名) 新システム(鳳巣
デポジット 3000元 5000元
アカウントの構造 アカウント→グループ→キーワード2階層 アカウント→キャンペン→グループ→キーワード(クリエイティブ)など詳細な設定が可能に
審査基準 自社業務関連のキーワードのみ ターゲットの属性に関するキーワードもOKなど、審査がゆるくなった
価格 最低価格より低い価格で入札しても広告表示できていた 最低価格より低い価格で入札すると広告表示されない
(ただしキーワードの登録は可能)
レポート機能 アカウント、グループを中心とするレポート キーワードのインプレションやCPMなどのデータ追加、地域ごとのレポート、百度無料アクセス解析ツールと連動する機能なども補強
ツール 一括アップツールなし
見積もりツールなし
IP排除ツールなし
無料アクセス解析ツールなし
広告プレビューツールなし
自動改善アドバイスツールなし
一括ツールあり
見積もりツールあり
IP排除ツールあり(キャンペーン毎に20個)
無料アクセス解析ツールあり
広告プレビュー機能あり
自動改善アドバイスツールあり
クリエイティブ キーワード毎に一つのみ 複数可能
競合情報 他の会社の値段が確認できる 他の会社の値段は確認できない

百度新システム