中国語サーチエンジン:第二の選択


ネット利用頻度の高いユーザーは検索する際、第一のサーチエンジンで満足いく答えが得られないと、第二のサーチエンジンで補足情報を探します。日本の場合、Yahooでお気に入りの情報が得られなかったら、Goolgeで検索してみるという行動が考えられます。CNNICの統 計データによると、中国では「第二の選択」市場はGoogle中国がリードしています。

google中国(谷歌 37.8%
baidu(百度 26.9%
yahoo中国 12.9%
sogou(捜狐捜狗 11.5%
iask(新浪愛問) 4.7%
その他 6.2%

11.gif