中国サイバーセキュリティ法案:外資ウェブサイトへの影響


中国国内ではサイバーセキュリティ法で外資企業が反発して、抗議しているというニュースが複数流れています。

中国サイバーセキュリティ法(11月7日実行)
http://www.npc.gov.cn/npc/xinwen/2016-11/07/content_2001605.htm
全文は上記になります。

ウェブサイトへの影響はメインは以下になります。
1.個人情報保護は企業に義務付け、国家安全保障に関わる調査への協力などの義務付け
2.「重要な情報インフラ事業者」対象になる企業は個人情報などの重要データは中国国内に保存すること
(海外に転送する場合、セキュリティ審査必須)

「重要な情報インフラ事業者」の定義が曖昧ですから、中国ホスティング必須な企業は実行に伴って、徐々にラインが見えると思います
個人情報取得はユーザーに同意得るのが前提になります、企業には個人情報を適切管理されることが求められます。
セキュリティの面でいうと、SSL導入も前より、重視されるはずです。

中国サイバーセキュリティ法案