ファーストコンタクトをキャッチする


「こんにちは、いまオンラインか、ファイルを送りたいんだけど。。」

「クライアントだけではなく、社内の交流もIMでこなしている。毎日ほぼ80%のコミュニケーションはIMで、メールは相手がオフラインの時だけ使う。」

「何年か前、みんなの名刺にメールアドレスが増えていたが、現在QQ番号とメッセンジャのアカウントが載っている名刺が増えているよ。」

「以前友達との交流はほぼ電話だったが、現在のフレーズはQQしよう!電話代がもったいない。」

上記は中国のオフィス族の生の声です。中国ホワイトカラーの一日の始まりはQQ・メッセンジャーをログインすることからかもしれません。

中国ユーザーのファーストコンタクトをキャッチするには、
さらにリアルタイムで質問をしてくる傾向のある中国ユーザーに対応するには、
日本でよく使われている
【お問い合わせフォーム+フリーダイヤル】
のスタイルでは不十分ではないかと思われます。

ビジネス機会の最大化を実現したければ、中国的要素のチャットと掲示板を加味して、
【チャット+掲示板+フリーダイヤル+お問い合わせフォーム】
の360度対応が望ましいです。

QQでファイルを送信している画面ですが、画像から契約書まで送られてくるのが中国流です。セキュリティなどが厳しい日系企業では想像し難いものです。
QQ

QQ番号が載っている名刺
QQ