オペラ:デフォルト検索を百度に


オペラはGoogle中国(谷歌)のかわりに百度をデフォルト検索エンジンに採用することになりました。

ユーザーはOperaの中国語版をダウンロードすれば、百度の検索機能をそのまま利用できます。6月12日、Operaは最新バージョンOpera9.5の正式版をリリースしました。最新版のOperaは主流のOSをサポートし、ユーザーはhttp://www.opera.com/から無料で入手できます。

Analysys Internationalの統計によると、約1億の中国人ユーザーが、毎週すくなくとも1回検索エンジンを利用します。OperaのCEO Jon von Tetzchner 氏の「われわれはOperaの新しい機能と中国最大の検索エンジンの融合を期待する」との発言に対して、百度の副総裁沈浩宇氏は「Operaのような想像性に富んだネット企業との提携によって、Operaのユーザーによりよい中国語検索サービスを提供できることを信じる」と返しました。

オペラは中国でのシェアはそれほど高くありませんが、ブラウザのデフォルト検索エンジンの争奪戦は熾烈です。

オペラ:デフォルト検索を百度に